レシピ#21 ラム肉のクルトン添えLamb with fried bread


lamb with fried bread

ラム肉のクルトン添え~「ゴードン・ラムゼイ 究極の料理 低予算の料理(前篇)」から

「ゴードン・ラムゼイ 究極の料理」レシピ#21はアンチョビーマスタード味のドレッシングを組み合わせたラム肉のクルトン添え。 安い部位だけど、熱々のフライパンで良い焼き色がつくまで肉汁をかけながら焼くことで高級肉にひけをとらないごちそうになる、とゴードン先生。骨の髄からうまみが溶け出してくるとも。ラムの味わいにマッチングするアンチョビーとマスタードのドレッシングと豪快な田舎風のクルトンを組み合わせて完成です。 ちなみに、この骨付きラムレッグという「安い部位の肉」がはたして日本でも手に入るのか、しかもその値段は高くないのか、という疑問が浮かんできました。結論からいうと、現時点では骨付きラムレッグステーキを日本で購入すのは結構難しそう、という感じです。

以前はThe Meat Guyがオーストラリアやニュージーランドから冷凍骨付きラムレッグカットを輸入販売していたようですが、ここしばらくは「売り切れ」表示。需要があれば再輸入してくれるのでしょうが、1kgで2690円という値段がちょっと「節約料理」というのには微妙でしょうか。一方、新大久保のハラール系食材店を昨夜偵察にいってきたのですが、冷凍マトンのレッグカットはいくつかのお店で扱っていましたが、ラムは見かけませんでした。今回初めて新大久保のお店を回ってみたのですが、冷凍ケースのなかが霜だらけのお店が多く、冷凍庫の扉があいたままでもそのまま放置のお店があったり、お店の冷房が壊れているのか真夏のような室温のお店があったり、ラムレッグカットならあるよっと取り出してきた商品が霜で真っ白になっている代物で、2kg入っているのに1000円でイイヨっと明らかに在庫処分モードに入っていたりと保存状態が心配なお店が多いのでガッカリでした。

ちなみに、ネットショップのHalal Food Shopというところがgoogleに引っかかってきたのでここの冷凍骨付きラムレッグステーキには興味があったのですが、コンタクトフォームからの問い合わせに対してはシステムからの自動返信メールは届いたものの、その後なしのつぶて。電話もかけてみたところ、誰も出ないようで、もしかしたらネットショップの残骸を残して廃業してしまったのかもしれません。ラム肉は難しいですね!

ので、いつものようにグーグルさんに聞いてみたところ、ここにリンクしたHalal Food Shopというネットショップでオーストラリア産の冷凍骨付きラムレッグステーキを売っていました!(でも、このHalal Food Shopの電話番号にかけてみたのですが応答無しでしたのでもしかしたらもう営業していない可能性ありですね~。となると新大久保あたりの実店舗系ハラール食材店で探してみるといいかもです) 値段は2kgで税別3000円+送料850円ということですので、ひとり200g検討だとひとり分の材料費400円程度で豪快なステーキディナーが楽しめることになります。これは確かにコスパがかなり高い「低予算の料理」です!(笑)。

[「 低予算の料理 (前編)」の回。2014.5.3 録画]

材料

  • 骨付きラムレッグ(ステーキ用) 2枚
  • オリーブオイル 炒め用を適量
  • ニンニク 2片
  • パン(クラストがパリっとしたテーブルロール。カイザーロール的なものか) 200g
  • 牛乳 大さじ3–4
  • 海水塩とひきたての黒コショウ

アンチョビー・ドレッシング用

英語版ですがレシピと映像クリップがここにあります↓ http://www.lifestylefood.com.au/recipes/18243/lamb-with-fried-bread https://www.youtube.com/watch?v=eZ0V3zDX0R0

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中