レシピ#91 ラム肉のほうれん草と松の実詰め Stuffed lamb with spinach & pine nuts


Stuffed lamb with spinach & pine nuts

ラム肉のほうれん草と松の実詰め~「ゴードン・ラムゼイ 究極の料理 特別な日の料理」から

「ゴードン・ラムゼイ 究極の料理」レシピ#91は、ラム肉の最高級部位、サドル肉(鞍下肉)でつくるラム肉のほうれん草と松の実詰めでした。ギリシャ料理を思わせるベビースピナッチ松の実フェタチーズの詰め物やキュウリとフレッシュミントのヨーグルト・ドレッシングはラム肉との相性すごくよさそう。そして地中海食材として話題スーマックザクロの糖蜜の隠し味づかいは、いまのロンドンのトレンドをしっかり取り入れて、という感じで洒落ています。

詳しい作り方は番組でゴードン先生が詳しく説明していますので、そちらをご覧になっていたくとして、ここではポイントだけ。今回登場する高級仔羊肉のサドルは、仔羊の腰の上の背中側の柔らかい部位。背骨を挟んで両側に垂れさがっている部分から骨だけ取り外し、外側の脂の層もある程度そぎ取ってロール状にした調理がしやすい下準備がされた部位とのこと。残念ながら、日本には現時点では未輸入の部位のようで、その高級な味わいを楽しみたい方は海外で楽しむしかなさそう(笑)

とはいえ、スーマックを使って下味をつけて、タマネギ、ニンニク、松の実、ベビースピナッチとフェタチーズを炒めて作った詰め物をたっぷり塗ったロール肉を、ゴードン先生が番組でやっているようにオーブントレイに熱したオリーブオイルでこんがり焼き色をつけ、オーブン焼きにする、という調理法は一見の価値あり。サドルが入手できないなら、より入手しやすい仔羊のボンレス・レッグバタフライ開きにしたもので代用してやってみようかな、と思います。

調理のポイントは、オーブンで焼いたあと、オーブントレイのうえに伏せた小皿のうえに肉をあげておき、しばらく休ませる、というところやキュウリの食感をよくするためにアップルコアラーのようなグッズで大きなキュウリの芯を抜いちゃうところでしょうか。

それにしても、高級食材のサドル肉、ゴードン先生は番組で「ラム肉のロールスロイス」という表現をしていましたが車好きのゴードン先生らしい形容詞です(笑)。ギリシャ風味の極上ローストラム、うーむ、いつかチャレンジしてみたいです!

[「特別な日の料理」の回。2014.6.21 録画]

材料

ドレッシング用

  • キュウリ  大きいもの1/2本
  • プレーンヨーグルト150ml
  • ミント   小ぶりに一束
  • ザクロの糖蜜(ザクロペースト) 大さじ1ぐらい (お好みで)
  • レモンゼスト(皮を削ったもの)  レモン1ヶ分
  • レモンの絞り汁  レモン1ヶ分

英文ですがレシピと映像クリップをリンクします。

http://books.google.co.jp/books?id=O5NBAgAAQBAJ&pg=PT337&lpg=PT337&dq=%22Stuffed+lamb+with+spinach+and+pine+nuts%22+%22gordon+ramsay+ultimate+cookery+course%22&source=bl&ots=7bx6He5QcS&sig=wbGa4RsxpLpEXdu1dQeQorpv-uc&hl=ja&sa=X&ei=9mCmU5efE4278gW1x4LYCw&redir_esc=y#v=onepage&q=%22Stuffed%20lamb%20with%20spinach%20and%20pine%20nuts%22%20%22gordon%20ramsay%20ultimate%20cookery%20course%22&f=false

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中