朝食#2 焼きポレンタのトマトとヤギの凝乳(カード)添え Griddled polenta with tomatoes and goat’s curd


griddled polenta with tomatos and goats curd

焼きポレンタのトマトとヤギの凝乳(カード)添え~「ゴードン・ラムゼイ 究極の料理~朝食からディナーまで~友人をもてなす料理」から

「ゴードン・ラムゼイ 究極の料理」の朝食#2は友人をもてなすちょっとおしゃれなブランチといった雰囲気の、焼きポレンタのトマトとヤギの凝乳(カード)添えでした。残念ながら、ネット上に英文レシピが見つからなかったのでこの料理の材料一覧は作れませんでした!

おおざっぱに作り方を書き出してみます。ポレンタをオリーブオイルを入れたお湯で作るゴードン先生。10分以内でできあがるインスタントポレンタを自宅では愛用しているそうです。味付けは塩コショウとバターとパルミジャーノレッジャーノ。オーブントレイにオリーブオイルをひいて、味付けしたポレンタを注ぎいれます。ポレンタが冷えて固まるまで冷蔵庫で冷やします。

待っているあいだに、枝付ミニトマトにはさみで切れ目を入れてからオリーブオイルと塩コショウ、ニンニク、砂糖とバルサミコビネガー、フレッシュタイムで味付けして、10分ほどオーブン焼きして旨みを凝縮させます。

ポレンタが固まったところで、切り餅状に切り分けて、両面に塩コショウとオリーブオイルで味付けをし、両面にきれいな焼き目がつくまでグリルパンで焼きます。

よく焼き目がついたらオーブン焼きしたミニトマトとトマトの焼き汁とヤギの凝乳(カード)を乗せ、熟成されたバルサミコ酢をたらりとかけ、フレッシュバジルを飾って完成。ヤギの凝乳は塩分とクリーミーな食感がこの組み合わせにピッタリだそうですが、山羊のチーズやクリームチーズやクレームフレーシュを使うのもいい、とゴードン先生。日本の場合は簡単に入手できるクリームチーズが手っ取り早いですね。ポレンタは数日前に準備しておいてもいいそうですので、事前に冷蔵庫で固めておけば、こんなおしゃれなブランチを友人と楽しむ週末、というのも夢じゃないかもしれません。

[「友人をもてなす料理」の回。2014.6.29 録画]

材料

英文ですが映像クリップをリンクします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中