朝食#3 ピリ辛フルーツサラダ Tangy fruit salad


~「ゴードン・ラムゼイピリ辛フルーツサラダ~「ゴードン・ラムゼイ 究極の料理~朝食からディナーまで~友人をもてなす料理」から

ピリ辛フルーツサラダ~「ゴードン・ラムゼイ 究極の料理~朝食からディナーまで~東南アジア料理」から

「ゴードン・ラムゼイ 究極の料理」の朝食#3はいろんな新鮮なフルーツやキュウリを特製アジア風ドレッシングで和えた、ピリ辛フルーツサラダでした。インドネシアの屋台料理ルジャックをきれいめにアレンジし直した朝食サラダ、といった感じでしょうか(マレーシアやシンガポールではロジャッっていうとの情報も)。

残念ながら、英文レシピが見つかりませんでしたので、材料の分量は映像で見た感じで記載しています。ドレッシングは味見して配合を調整する必要があるかもしれません。

ただ、唐辛子やパイナップルの切り方、ピーナッツの炒り方などポイント・ポイントで結構勉強になる回でしたので、そのポイントをメモしておきます。

ピリ辛ドレッシングには、新鮮な赤唐辛子の辛味、タマリンドの酸味、パームシュガーの甘味、ライムゼストの香りとライムジュースの酸味、そして砕き炒りピーナッツの香ばしさを加えていくゴードン氏。なかでもピーナッツは良く色づかせるのが大切、と。

パイナップルの簡単な剥き方を実演するゴードン氏。パプリカの剥き方のときもそうですが、やってみると本当に簡単で、無駄なく食材が使えるのにはびっくりでした。

コマ切りにしたパイナップルリンゴ西洋ナシを入れたら、今度はキュウリのコマ切りです。キュウリの水分でサラダのスパイシーさを薄めてしまわないよう、キュウリの種の部分は避けて実が詰まった部分だけを切って加えるゴードン氏。最後には甘味も加えたいということでマンゴーを加えて、ドレッシングで和えて完成。

おいしいフルーツサラダの秘訣は、味がちゃんといきわたる最小限のドレッシングで和えることだそうです。あまり多すぎるとよくないのですね。

[「東南アジア料理」の回。2014.7.5 録画]

材料

  • パイナップル  1ヶ
  • リンゴ  1ヶ
  • 西洋ナシ 1ヶ
  • キュウリ  1本(種の部分は使わない)
  • マンゴー 1ヶ

ドレッシング用材料

  • 赤唐辛子  1本
  • タマリンドペースト 小さじ1
  • パームシュガー  小さじ山盛り1
  • ライムゼスト  ライム1ヶ分
  • ライム汁    ライム1ヶ分
  • 炒りピーナッツ  ひとつかみ分(大目に)
  • 海水塩  ひとつまみ

英文レシピが見つからなかったので、英文の映像クリップをだけリンクします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中