アサイド

グッズ通信#5 乳鉢と乳棒


mortar and pestle panorama海外の料理をつくるときにハズせないグッズに、乳鉢と乳棒があります。わがゴードン先生も、地中海風のアンチョビードレッシングをゴリゴリ、東南アジアやインドのカレーペーストをゴリゴリ小魚フライの衣用にスパイスを粉砕するのにゴリゴリ、といろいろな場面で使っています。

ゴードン氏は、タイの伝統的なクロックヒン(石臼)John Julian Design社のものを愛用しているようですが、我が家ではイケアで発見したÄDELSTENという大理石の乳鉢セットを愛用しています。なんといっても1000円ちょっとでカッコよくて重たい!少し小ぶりなので、使うときにペーストが縁から飛び出さないよう若干気を使いますが結構使えています。

この写真は小エビやニンニクや唐辛子をすりつぶして青パパイヤのサラダのドレッシングを作ったときのものです!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中