朝食#11 卵乗せハッシュポテトと焼きベーコン Hash brown baked eggs with candied bacon


~「究極の料理~朝食からディナーまで~アメリカ料理」から

卵乗せハッシュポテトと、焼きベーコン~「究極の料理~朝食からディナーまで~アメリカ料理」から

「ゴードン・ラムゼイ 究極の料理」の朝食#11 はアメリカの安食堂、ダイナーの定番料理の目玉焼きとベーコンとハッシュポテトを現代的にアレンジした、卵乗せハッシュポテトと、焼きベーコンでした。ハッシュブラウンをカッリカリに仕上げるゴードン氏のコツは、ジャガイモには粘質のものを使うこと、そしてジャガイモもタマネギもチーズグレーターで細切りにすること、でした!

チーズグレーターで細切りにしたジャガイモとタマネギを水切り網にいれて、両手で水分を絞り出し、塩コショウとカイエンヌペッパーとオリーブオイルで味付けし、少し間をおいてからさらに水分を絞り出します。水分をここでできるだけ抜くことで、仕上がりがカリカリになるそうです。オーブン対応のフライパンをよ~く熱して、大目のオリーブオイルと入れてから、ギューと押し付けてかりかりになるまで焼いていくゴードン氏。ハッシュポテトの周辺からバターの小片を差し込んで、ジャガイモとタマネギを香ばしくキャラメリゼさせます!

途中おおきなお皿を使ってスパニッシュオムレツをひっくり返す要領でひっくり返し、反対側も焼いていきます。バターの小片はこちらでも登場。

生卵を割ってハッシュポテトの上面に乗せ、塩とカイエンヌペッパーで調味してから200度に予熱したオーブンにフライパンごと入れて黄身が半熟状態で、白身が固まるまで調理します。待っている間には、トッピング用のベーコンを調理するゴードン氏。熱したフライパンで砂糖、黒コショウとバターを熱して、バターカラメルを作り、それにからめながらベーコンがカリカリになるまで炒めます!卵乗せのハッシュポテトが焼きあがったところでこの甘辛ベーコンをトッピングして、完成!

詳しい作り方はゴードン氏の映像と下記リンクした英文レシピをどうぞ。

「アメリカ料理」の回。2014.8.2  録画]

材料

  • 粘質のジャガイモ 850gから1kg   日本ではメイクイーンなどか
  • タマネギ 1ヶ
  • カイエンヌペッパー
  • バター  4knob
  • 卵  6ヶ  放し飼いの鶏のもの
  • 海水塩とひきたて黒コショウ

キャンディーベーコンの材料

英文ですが映像クリップをリンクします。

http://pizzaforbreakfasts.blogspot.jp/2013/11/eggs-baked-in-hash-brown-with-candied.html

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中