ディナー#12 団子入りのビーフシチューと、キャベツ入りの二度焼きポテト、洋梨とショウガのガレット beef and ale stew with mustard dumplings, twice baked bubble & squeak jacket potatoes, and pear and ginger galette


beef stew with mustard dumplings, and pear and ginger galette~「究極の料理~朝食からディナーまで~ボリューム満点の料理」から

団子入りビーフシチューと、キャベツ入りの二度焼きポテトと、洋梨とショウガのガレット~「究極の料理~朝食からディナーまで~ボリューム満点の料理」から

「ゴードン・ラムゼイ 究極の料理」のディナー#12 は牛スネなど煮込み用の牛肉を150度の低温オーブンでじっくりと柔らかくなるまでビールで煮込む英国風の、団子入りビーフシチューと、ベークドポテトにバターとちりめんキャベツを合体させた、キャベツ入りの二度焼きポテト。デザートには洋梨とショウガのガレットでした。

このビーフシチュー、一緒に煮込むマスタード風味の団子に使う、細かく刻まれたスエット(ケンネ脂)が日本では入手しづらいのですが、無塩バターを凍らせてからチーズグレーターで削って代用してみるなどチャレンジしてみたいですね!

団子入りビーフシチューの英文レシピに飛ぶ! (Mail Online – Food special: Beef stew with mustard suet dumplings)

キャベツ入りの2度焼きポテトの英文レシピへ飛ぶ! (Mail Online – Food special: Twice-baked bubble and squeak jacket potatoes)

洋梨とショウガのガレットの英文レシピへ飛ぶ! (Channel 4 Gordon Ramsay’s Home Cooking – Pear and Ginger Galette Recipe)

ビーフシチュー、ベイクドポテト、ガレットともに番組でゴードン氏とティリーちゃんが詳しく実演していましたので、ここでの解説は割愛します。ビーフシチューのポイントは、キャセロールの蓋を少し開けたままにすること、でした。

詳しい作り方はゴードン氏の映像と下記リンクした英文レシピをどうぞ。

「ボリューム満点の料理」の回。2014.8.3  録画]

団子入りビーフシチュー

材料

団子のための材料

  • セルフレイジングフラワー (ベーキングパウダー入り薄力粉)    125g  +打ち粉用に分量外少々 ※ベーキングパウダーが配合された薄力粉。英国の伝統的な加工小麦粉のひとつ。小麦粉とベイキングパウダーが極めて均質に混ざっているのが特徴。代用する場合、薄力粉250gあたりベーキングパウダー小さじ2をよくよく振るう(アメリカのセルフレイジングフラワーには塩も調合されているようですが、ゴードン氏出身のイギリスのには塩が入らないようです)
  • ケンネ脂スエット)  75g   こういう状態のケンネ脂なら、精肉店で購入できますが、これをパン粉ぐらいの細かさに刻んでいく手順が必要。

刻まれたスエット(ケンネ脂)。クリックすると刻む手順に飛びます(英文です)

左から、自然の状態のケンネ脂、刻みケンネ脂、植物性の「刻みケンネ脂」 クリックすると元の記事にリンクします(英文注意)

  • 融点の違いなどから、本当は代用不可能な素材のようですが、無塩バターを凍らせてチーズグレーターで削って代用するとわりと近い結果が得られるという説もありました!
  • 粒マスタード  大さじ1

http://www.dailymail.co.uk/home/you/article-2425112/Food-special-Beef-stew-mustard-suet-dumplings.html


二度焼きベークドポテト

材料

http://www.dailymail.co.uk/home/you/article-2425031/Food-special-Twice-baked-bubble-squeak-jacket-potatoes.html


洋ナシとショウガのガレット

  • 洋ナシ  4ヶ
  • デメララシュガー 大さじ1 (イギリス菓子の魅力を伝えるブログGalettes and Biscuitsのlesgalettesさんのこの記事によると喜界島のザラメ糖がデメララシュガーとちょっと似ているそうです)  
  • 新ショウガのシロップ漬け  1玉  英国ではこんな状態の瓶詰で購入できるようですが、日本だと見かけたことがないので、新ショウガの季節に手作りするのが良さそうです(英国の瓶詰めはまるごとショウガがころころ入っているようですが、もしかしたらスライスしないで漬けたほうがショウガの味がシロップに溶けださないので、お菓子作りには都合がいいからでしょうか…. おそらくそうなんでしょうね。
  • 新ショウガが浸かっていたシロップ  大さじ2
  • 根ショウガ 約3cm
  • レモンゼスト(皮の削りおろし)  レモン1ヶ分
  • 卵  1ヶ 放し飼いの鶏のもの
  • シュガーパウダー(粉糖)  飾り付け用
  • 生クリーム  盛り付け用

スイート・ショートクラスト・ペイストリー用の材料

  • 薄力粉  225g
  • シュガーパウダー(粉糖)  大さじ2
  • バター(冷やしたもの) 150g
  • レモンゼスト  レモン1ヶ分
  • 卵  1ヶ  放し飼いの鶏のもの

http://www.channel4.com/programmes/gordon-ramsays-home-cooking/articles/all/pear-and-ginger-galette-recipe

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中