朝食#16  フレンチトーストの煮込みリンゴ添え cinnamon eggy bread with quick stewed apples


eggy bread with stewed apples

フレンチトーストの煮込みリンゴ添え~「究極の料理~朝食からディナーまで~節約料理」から

「ゴードン・ラムゼイ 究極の料理」の朝食#16は、お金をかけない究極の朝食、フレンチトーストの煮込みリンゴ添えでした。おいしさのポイントは、日にちが経って硬くなってしまったパンを使うことと、シナモンと砂糖をトッピングするかわりに、卵液のなかに事前に混ぜておくことで、トーストそのものを香ばしくキャラメリゼさせること、とゴードン氏。

つけあわせの煮込みリンゴも、砂糖でカラメルを作り、そこにさいの目に切ったリンゴとバターを加えて煮崩せば完成。リンゴの皮はつけたままのほうが栄養もあるし、煮崩れすぎなくて良いそうです。バターがリンゴに照りとバタースコッチ風味を加えてくれるので、最後に少し水を加えればフレンチトーストにかけるリンゴ入りの甘いバタースコッチソースが完成。盛り付けの仕上げはパウダーシュガーを見栄えよくふるだけ。

硬くなってしまったパンを数切れと卵と砂糖とリンゴ。ありあわせの材料で作れてしまう節約派ブレックファスト。節約料理の達人だったお母さんが最初につくってくれたときには、宝くじにあたったんじゃないかと思ったゴードン氏。懐かしの家庭料理にひと工夫したレシピでした!

詳しい作り方はゴードン氏の映像と下記リンクした英文レシピをどうぞ。

「節約料理」の回。2014.8.17  録画]

材料

煮込みリンゴ用の材料

  • 生食用リンゴ 400g (ブレイバーン種など)  ※生食用だと日本が誇るサンフジあたりがメジャーでいいのではないでしょうか)
  • 細目グラニュー糖
  • バター  25g

http://books.google.co.jp/books?id=bKlx9OprVEUC&pg=PT57&lpg=PT57&dq=cinnamon+eggy+bread+with+quick+stewed+apples&source=bl&ots=ybodgqcHAS&sig=-o_d0Ani0HA0RXuIYl5BMQAuA-g&hl=en&sa=X&ei=pHj4U7rLMYnd8AXe0oCQDA&redir_esc=y#v=onepage&q=cinnamon%20eggy%20bread%20with%20quick%20stewed%20apples&f=false

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中