アサイド

[食材通信#6] 唐辛子がいっぱい!


frozen chilli pano

唐辛子がいっぱい!冷凍庫に常備して味の違いを楽しんでます♪ 写真右上メキシカンエッグ、右中ベイクドビーンズとポテトケーキ、右下ジャークチキンとターメリックライス。それぞれハラペーニョ、プリック・シーファー、そしてハバネロ唐辛子がいい味出してます!

ゴードン氏の料理には、とにかく唐辛子がしょっちゅう登場します。鷹の爪カイエンヌペッパー唐辛子フレークなどおなじみの乾物系唐辛子に加え、中南米やカリブ海や東南アジアからやってきた、辛さも香りも大きさも違ういろんなタイプの生唐辛子のオンパレードです!

ピコデガヨサルサやメキシカンエッグ用にはハラペーニョ、ジャークチキン用にはスコッチボネット、青パパイヤのサラダ用にはタイの激辛プリック・キーヌースワン(バーズアイチリ)、グリーンカレーペースト用には生のプリック・キヤオ(「青唐辛子」の意味)、チリビーフのレタス包みやベイクドビーンズなどには中辛のプリック・シーファー、といった具合に大きさも香りも辛さの質も千差万別な生唐辛子たち。

日本でも夏は唐辛子の旬がやってきます。夏から秋にかけて農産物直売所やスーパーで生の唐辛子を見かける機会が増える季節。そんなとき、我が家はめずらしい唐辛子をみかけたら、とにかく買ってきて、冷凍保存するようにしています。

jalapeno

関越道三芳PAの直売所「食の駅」でゲットしたハラペーニョ。帰宅してすぐ水洗いし、水滴を拭きとってからラップで個別包装して、冷凍庫に。メキシカンエッグの美味しさの決め手はこれと唐辛子フレーク(プリック・ボン)の合わせ技♪

他にも、我が家ではイギリス土産でいただいた乾燥ハバネロ唐辛子やバスク産唐辛子のピマン・ド・エスプレット、タイのプリック・ボン(唐辛子フレーク)や、ブレンダーで液状化してから平べったく冷凍保存したメキシコのチポトレチリ(元は缶詰で買いました)など唐辛子は増殖しつつあります!

chillies

乾燥ハバネロチリ、ピマン・ド・エスプレット、プリック・ボン(唐辛子フレーク)、冷凍保存中のチポトレ・チリ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中