カテゴリー別アーカイブ: イタリア

今日のお弁当!ツナ缶の簡単パスタサラダ

Jeni Wrightさんのレシピどおりに作ったツナパスタサラダ。お弁当にぴったり

お弁当にぴったりのツナパスタサラダ。白インゲンやセロリ、紫タマネギ、イタリアンパセリの組み合わせがおいしい!

ツナ缶と白インゲンパックで作ったお弁当用のサラダパスタです!おいしさのポイントは、車輪型のショートパスタ「ロテッレ」。このロテッレを使うと、ほぐしたツナがいい具合にパスタに絡んでくれるので、おいしさ倍増なんですよね~ 続きを読む

広告

朝からパスタ。バターとパルメザン風味のフェットゥチーネ

「バターとパルメザン風味のフェットゥチーニ」クリックで画像を拡大表示できます

「バターとパルメザン風味のフェットゥチーニ」クリックで画像を拡大表示できます

今日はパスタで朝ごはん。業務スーパーでこないだ買ったフェットゥチーニを使って、超シンプルなButter and Parmesan Fettuciniのレシピを作ってみました!Jeni Wrightさんの「The Complete book of Pasta」のこのレシピ、簡単なのにおいしかったぁ。 続きを読む

とろける美味しさ!牛ほほ肉のラグー、パッパルデッレ添え

braised beef cheeks with pappardelle

(クリックで拡大表示できます)

ゴードン・ラムゼイ氏のレシピで作ったイタリア風の家庭料理~牛ほほ肉のラグー パッパルデッレ添え。超幅広パスタのパッパルデッレとのマッチングは最高。でも歯ごたえがあって美味しいリガトーニと合わせたり、マッシュポテトと混ぜながら食べるのも好き。寒い季節の一番のごちそうかも。 続きを読む

アサイド

ゴードン・ラムゼイ流のトマトとペコリーノのブルスケッタ(レシピ#88)を作ってみ … 続きを読む

アサイド

牛の頬肉のラグー(ディナー#9)のレシピに初挑戦!ゴードン氏がジャック君のほほを … 続きを読む

アサイド

ディナー#13のベジタリアンな前菜、ズッキーニとリコッタのブルスケッタはあっとい … 続きを読む

ディナー#20 牛ヒレ肉のサルサヴェルデ添えと、トリュフがけベークドポテトと、チョコレートのセミフレッド  beef fillet with salsa verde with truffled baked new potatoes and chocolate & pistachio semifreddo

牛ヒレ肉のサルサヴェルデ添えと、トリュフがけベークドポテトと、チョコレートのセミフレッド ~「究極の料理~朝食からディナーまで~特別な日の家庭料理」から

牛ヒレ肉のサルサヴェルデ添えと、トリュフがけベークドポテトと、チョコレートのセミフレッド~「究極の料理~朝食からディナーまで~特別な日の家庭料理」から

「ゴードン・ラムゼイ 究極の料理」のディナー#20は、究極のローストビーフに手作りのサルサヴェルデをトッピングした、牛ヒレ肉のサルサヴェルデ添えと、新じゃがのベークドポテトにパルミジャーノ・レッジャーノと黒トリュフをトッピングした、トリュフがけベークドポテトでした!シリーズラストを飾る「特別な日の家庭料理」にふさわしい贅沢さです。締めくくりのデザートは、チョコレートのセミフレッドでした。

お手伝い役は長男のジャック君!少し照れ気味なジャック君ですが、パパのジョークに付き合いながら泡だて器の腕前を競ったりと、今日も楽しそうにお料理を教えてもらっていました! 続きを読む

ディナー#13 ズッキーニとリコッタのブルスケッタと、ビーツとタイムのリゾットと、ホワイトチョコレートとライムのムース bruschetta with courgette & ricotta, beetroot and thyme risotto, and chocolate & lime mousse

~「究極の料理~朝食からディナーまで~ベジタリアン料理」から

ズッキーニとリコッタのブルスケッタ、ビーツとタイムのリゾット、そしてホワイトチョコレートとライムのムース~「究極の料理~朝食からディナーまで~ベジタリアン料理」から(クリックで拡大)

「ゴードン・ラムゼイ 究極の料理」のディナー#13は、イタリア風にまとめた究極のベジタリアンディナーでした。アンティパストにはズッキーニとリコッタのブルスケッタ、プリモにはビーツとタイムのリゾット、そしてドルチェにはホワイトチョコレートとライムのムース

今回のお手伝いは、末っ子のティリーちゃん。父と娘が仲良く3品の夕食を作っていきます。今回は卵白を泡立てるシーンでのゴードン氏のいたずらと、それに対するティリーちゃんのリアクションが最高でした!

英文レシピはここをクリック! (Mail Online – Food special: Pear and crunchy granola muffins and White chocolate and lime mousse)

続きを読む

ディナー#9 イチジクジャムのクロスティーニ ブッラータ添えと、牛の頬肉のラグー パッパルデッレ添え、エスプレッソのパンナコッタ ヘーゼルナッツブリトル添え Crostini with fig jam and burrata, slow braised beef cheeks with pappardelle, followed by espresso pannacotta with cinnamon hazelnut brittle

~「究極の料理~朝食からディナーまで~イタリア料理」から

イチジクジャムのクロスティーニ ブッラータ添えと、牛の頬肉のラグー パッパルデッレ添え、エスプレッソのパンナコッタ ヘーゼルナッツブリトル添え~「究極の料理~朝食からディナーまで~イタリア料理」から

「ゴードン・ラムゼイ 究極の料理」のディナー#9は究極のイタリアンディナー。イタリア南部からは「幻のチーズ」ブッラータをフィーチャーしたイチジクジャムのクロスティーニ ブッラータ添え。イタリア北部からは牛かたまり肉のシチューを幅広パスタと組み合わせた牛の頬肉のラグー パッパルデッレ添え。そしてドルチェはトスカーナ風の、エスプレッソのパンナコッタ ヘーゼルナッツブリトル添えでした。

英文レシピはここをクリック!(Mail Online – Recipe: Burrata with quick balsamic fig jam and crostini)

続きを読む

ランチ#9 イワシのグリル グレモラータ添えと、オルゾパスタのサラダ Griddled sardines with gremolata + orzo pasta salad

イワシのグリル グレモラータ添えと、オルゾパスタのサラダ~「究極の料理~朝食からディナーまで~イタリア料理」から

イワシのグリル グレモラータ添えと、オルゾパスタのサラダ~「究極の料理~朝食からディナーまで~イタリア料理」から

「ゴードン・ラムゼイ 究極の料理」のランチ#9はゴードン氏の究極イタリアンランチということで、イワシのグリル グレモラータ添えと、オルゾパスタのサラダでした。

お米のような形のオルゾパスタには下味を付けてあげる必要があるんだ、とゴードン氏。沸騰したたっぷりのお湯に、塩とエクストラバージンオリーブオイルとフレッシュローリエを入れてから、オルゾパスタを投入!フレッシュローリエが重要(そういえば、ディナー#6のチキンフリカッセでもフレッシュローリエが登場していました)。アルデンテまで8分。パスタを茹でるコツは、ゆるやかな沸騰状態を保つこと。なんと火加減が強すぎると、パスタの表面を壊してしまい、ドレッシングやソースの馴染みが悪くなるそうです(知りませんでした!) 続きを読む